トップ

たるみを解消しよう

何故年をとるとたるむのか

たるみの原因を解明する

実年齢よりもずっとずっと若く見える人とそうでない人がいます。この差を分けるものは何でしょうか。同じくらいの年齢の友達とお茶をしているとき、向いに座る友達と自分を見比べて、私はなんでこんなに老けているのだろうと感じたことはありませんか?

この見た目年齢に差がつく一番の理由は「たるみ」です。
頬からの皮膚のたるみによって、口の両端にほうれい線がくっきりとあらわれ、シャープなフェイスラインがぼやけます。あご下にはお肉がたまり、はっきりした二重あごになってしまった・・・このように悩む方も多いのではないでしょうか。

女性の顔の印象を一気に「老け顔」にさせてしまう顔のたるみをいかにアンチエイジングに効果的な化粧品や食生活などで食い止めるかが、50代女性の美容の最優先事項なのです。その前になぜ「たるみ」は起きるのか?50代女性の美容の大敵「たるみ」について知っておきましょう。

・顔の筋肉の退化
残念ですが、身体の筋肉と同じように表情筋とも呼ばれる顔の筋肉も加齢とともに自然に減少してしまうのです。肌の土台となるこの筋肉の衰えにより顔の皮膚がたるんでいってしまいます。

・皮膚のコラーゲンの減少
肌組織の中で張りやうるおい、弾力を保ってくれるコラーゲンは、年齢を重ねるにつれて徐々に減少していきます。このコラーゲンの減少によって肌の張りを保つ力が無くなり、たるみの原因となります。

・喫煙や睡眠不足
若い女性であっても喫煙と睡眠不足はお肌の大敵です。タバコに含まれる毒性物質は大切なコラーゲンを破壊するなど一気に肌の老化を招きます。睡眠不足も、睡眠中に行われる肌のターンオーバーを遅らせるなど様々なトラブルの元なのです。

ただでさえ加齢とともにたるみがちな50代のお肌。自分の不摂生でさらにたるみを加速させないように気をつけたいものですね。